作成者別アーカイブ: hiwotomosu

人間関係の疑問

最近、人付きあいが何なのかを、また考えるようになりました。
友達や恋人…さまざまな人間関係ですが、本当に必要なのか?
これは、私にとって最大の難問です。
もちろん、一緒にいて楽しいし、嬉しいこともたくさんあります。
でも、人間関係によって精神的に苦しくなってしまうことありますよね?
そんな時に、毎回思うのが本当に必要なのかということです。
これを考えるようになってから、私は少しだけ人とのつきあい方が変わりました。
以前は、誰とでも仲良くしよう!友達は多い方がいい!みんなに好かれたい!などと思っている自分がいました。
しかし、疲れてしまったんです。
みんなと仲良くするために我慢すること、笑っていることに…。
きっかけは、ある1言でした。
相談を受けることが多かった私ですが、ある壁にぶち当たった時に友達に相談したんです。
あまり人には相談したことがないので、かなりの勇気がいりました。
言われた1言が、『あなたらしくないね。いつも笑ってるあなたを、みんな好きなんだよ?元気出して!』です。
元気づけようとしてくれたんだと思います。
でも、『いつまで笑ってればいいの?』と何かが爆発したんです。
それから、友達と笑って話はしますが悩みを話すことはなくなりました。
本当の友達というものが、わかりません。
ただ、客観的に周りを見れるようになったので相談されることは前より多くなったような気がします。
輪の中にいるよりも、一歩離れたところにいる方が見えるものが大きいことに気がつきました。
今は、好かれようとしなくていいので楽です。
それでも、友達だと言ってくれる人を大切にしていけばいいのかな?

これって、私だけ?

鼻パックをして、ゴッソリ角栓が取れた時に誰かに見せたくなります。
すごく見せたいんです。
もう、誰でもいいから見て欲しいんです。
もしかして、私だけでしょうか?
とりあえず、あんまりキレイなものではないので我慢して捨てますが、本当は写メでも撮ってプロフに貼っておきたいぐらいです。
この感情を、どうしたらいいのかわからなくなる時があります。
やっぱり異常なのでしょうか?
何故見せたいのかと聞かれたら、『わからない』と答えます。
本当に、わからないんです。
見せたところで、何もありません。
それでも、見せたくて見せたくてたまらない衝動にかられるんです。
これを、人間の心理とともに説明してくれる人が現れたら惚れてしまうかもしれません。
それぐらい、どうしてなのか意味不明な私の感情です。
角栓が取れたことによる、喜びや感動を伝えたいという気持ちからでしょうか?
そういえば、オロナインやワセリンで角栓がスッキリ取れるとのことです。
洗顔をして、温かいタオルなどで毛穴を開きワセリン、またはオロナインを塗り放置します。15分ぐらい放置し、キレイに洗い流してから鼻パックするとゴッソリ角栓が取れるらしいです。
そんなことになったら、私の見せたい感情は爆発寸前になってしまいます。
一度は、やってみたいと思いますが…文句を言わずに見てくれる人を探すのが先ですかね?

カフェイン中毒

最近ニュースになっている、カフェイン中毒なんですが、私コーヒーの消費率が高いんですよね。
大丈夫なのかとネットで検索しましたが、カフェインと言えばコーヒーを想像していたのに、そうではなかったというのが驚きでした。
鎮痛剤や栄養ドリンクなどが、多く取り上げられています。
組み合わせなども、注意が必要とのことで知らなかった情報が満載でした。
そもそも、カフェインに致死量があるなんて思ってもいませんでした。
何か問題があるとわかる危険ですが、とにかく何でも大量摂取はダメということですね。
ついつい、大量に摂取したら効くんではないかと思ってしまいがちですが考えを改めようと思いました。
また、自分の口に入れる物がなんであるのかを考えることも、大事なことだと思います。
自分だけではなく、子供や家族などの健康面を、常に考える努力をしていかなければいけませんよね。
調べれば、何でもわかる時代です。
知っていて損する知識はないのだと思います。
勉強する事に、終わりはないのだと思い知らされました。
いろいろな知識を身につけることで、自分や周りの人のためになるのなら努力し続けたいです。

ラジオを聴くと言う習慣

情報を提供するメディアは様々だ。
新聞、テレビ、ネット、ラジオなど……。
最近の主流はネットだろうと思うが、テレビの瞬発力もまだまだ大きい。
テレビの話題にネットが引きずられるパターンは、まだ多いのではないだろうか。
一方、ラジオは落ち着いたメディアだと思う。
この媒体が話題のメインになることは少ないが、だからこそ優れたコンテンツも多いなと思わされる。
今回は、ラジオの話を書こうと思う。
ラジオの視聴はとても簡単だ。
専用の機器を購入するか、ネット経由で聴くのが主な視聴方法だろうか。
専用のラジオにしても、2000円あれば購入できてしまうし、
ネット経由なら、radikoなどのアプリを使えば、電波さえ届くところならどこでも聴ける。
個人的にお勧めなのは、専用の機器を使って聴くことだろうか。
音の感触がネットより優れている気がするし、何より電池の心配が少ないのが大きい。
持ち運びの必要性があるから、スマホとかで聴くより不便な面もあるが、上記のメリットを享受できるのは非常にありがたいことだ。
コンテンツにしても、派手な味付けをするパターンが少なく、ゆったりと聴いていられる。
特に寝る前などにお勧めである。
ラジオは昔から存在するメディアで、熟成した魅力がある。
気が向いたら聴いてみてはいかがだろうか。

1円を拾うよりスルーした方がいいと聞いて

1円を発見した時、みなさんはどうするだろうか。
実際のところ、スルーした方がいいらしい。
理由としては、拾う労力の方が1円よりも高いからだそうだ。
確かに、しゃがんで1円を拾うよりもしゃがむ労力に方が大きいように感じられる。
本当のところはどうかはわからないが、言われてみればそんな気がしてしまうものだ。
私の場合は、仮に地面に1円が落ちていても拾ったりはしない。
千円札が落ちていたら正直悩むが、多分拾わないだろう。
個人的な考えなのだが、落ちているお金を拾う気にはなれないのだ。
落ちているお金と言うのは、なんだか運まで落ちているように感じられるので、拾うことでトータルで見ると不幸になる気がしてならない。
そんなものは個人的な考えでしかないのだが、気持ちの問題は重要である。
心構えが物事に影響を与えるのだから、気持ちの問題を雑に扱ってはいけないだろう。
それに、落ちているものを人前で拾う気になれないものだ。
人前で拾うのが恥ずかしいだけの人は、自分しかいなかったら拾うかもしれないが。
とにかく、お金が落ちていても拾う気はないというのが私の考えだ。
お金は自分の力で稼いだものに限る。
もし財布が落ちていたら交番に届けるとは思うが。

帰りに買い物

今日は朝から、子どもの耳鼻科に行ってきた。まだ中耳炎が完治していないので、経過をみてもらうためである。
そして、耳鼻科の帰りにスーパーに寄って帰った。
基本的に、食材の買い物は、宅配生協を利用しているが、足りないものがあるとスーパーを利用している。
今日は、グレープフルーツと、豚肉を買いたかった。
果物コーナーに直行し、グレープフルーツを選んでいると、子どもが、かごに何かを入れた。
バナナであった。
上の子は、バナナが大好きなのである。
おばあちゃんに電話で「何か送るけど、なにがほしい?」と聞かれると、必ず「バナナ」が出てくるほどである。
今日は、当初、バナナを買う予定はなかったが、仕方ない。
あまり自分からこれを買ってという子ではないので、今日は購入することにした。
とてもニコニコしてその後の買い物も歩いていた。
目的のものをかごに入れ、店内をブラブラしようとも思ったが、やめた。
店内を歩き回ってしまうと、これもほしかった、アッ安いと思い、どんどんかごの中身が増えてしまうからである。
今日は、グレープフルーツとバナナ、豚肉を購入して、スーパーを後にした。
その後、電車に乗って帰宅した。

ママさんブラス

私は、現在ママさんブラスに所属している。
みんなファイブデイズプレミアムダイエットでしっかり痩せるためにもがんばってます。
吹奏楽経験者が、ママになっても吹奏楽を楽しみたいという人たちで吹奏楽団を結成し、演奏を楽しんでいるのである。
年齢は様々で、0歳のママから、高校生のママまで様々である。
もちろん、子どもを連れて練習に参加してよい。
私は、2人の子どもを連れて毎回練習に参加している。
同じくらいの年齢の子どもも多数いるので、一緒に遊んだり、ベビーカーで寝たり、ママのそばで遊んだりと様々である。
今日も、着いて早速上の子は友達と遊び始めた。
わいわいがやがやしているが、それも気にせず、みなさん練習に励まれる。
今日は、指揮者による合奏だった。
久しぶりに演奏する今日もあって、思い出しながらの練習となった。
上の子は、一人や友達と遊べるようになってきたので、楽になってきた。
下の子は、まだまだ私から離れないので、少々大変であるが、それはそれで楽しみながら演奏しているので、よしとしている。
今日は、2時間半ほど練習を行った。
子どもがグズグズの日は、半分は練習に参加できないが、今日は比較的機嫌もよかったので、いつも以上に練習できた。
とても楽しく演奏できた。
私の息抜きの一つである。

BBQしました

今日は待ちに待ったBBQ。
毎年恒例のBBQである。
今年は幹事の年では、なかったので少し気が楽である。
朝は早起きして、差し入れのおにぎりとサラダを作った。
駐車場が少ない会場なので、家族みんなで電車に乗って向かった。
少し早目に着いたので、準備をしながら子どもと遊んでいた。
続々と集まりいよいよ開始。
子どもに食べさせながら、自分も食べるのは大変である。
そして、子どもはすぐに遊びたがるので、それにも付き合わなければいけないので、より大変である。
今年は子どもも増えて、子ども同士で遊べる時間も出てきた。
砂遊びをしたり、ボール遊びをしたりしながら楽しんでいた。
お肉、ウインナー、焼きそばをたくさん食べた。
魚介もたくさんあったようだが、そこまでありつくことができなかったのが、残念である。
子どもを見ながらのBBQだったので、満足するほど食べることはできなかったことが少し悔やまれるが、みんなとワイワイおしゃべりしながら楽しむことができたので、とてもよかった。
まだ、BBQシーズンは始まったばかり。
まだまだやりたいと思った。

今日のお散歩

今日は、土曜日のため、公園も小学生が多いだろうなと思ったので、近所のスーパーに子どもと行ってきた。
買いたいものもたくさんあったので、ちょうどいい。
スーパーで買い物を済ませ、帰ろうとスーパーを出て、一緒に200メートルほど歩いたところで、子どもが「トイレ」と言い出した。
ちょうどオムツを取る練習をしているところなのである。
トイレに行かせると出るのだが、なかなか自分で「トイレ」とは言わないので、滅多にない機会と思い、スーパーに逆戻りした。
少しも距離でも、こういうときは長く感じる。
子どもに一生懸命我慢させ、頑張らせた。
少しでも、オムツはずれに近づけばいいなという出来事であった。
無事にトイレに行き、再度帰り道をお散歩した。
子どもとゆっくり歩いているといろんなものが見える。
今日は、たんぽぽと綿毛を見つけた。
綿毛を一緒にふーっと吹くと、綿毛がふわふわと飛んでいき、とても楽しそうだった。
春は、やっぱり暖かいし、かわいい花も多いし、好きな季節だな。
帰って、冷やし中華を一緒に作って食べた。
あとは酵水素328選を飲んでダイエットも完了です^^
少しの散歩だったが、楽しかった。

気になる結果が出たが

何かと話題になっているお笑いコンビのピースの又吉さんの候補作品の結果が出た。
残念ながら落選をしたらしい。

作品には審査員から高評価をしていました。
しかし、他の作品も良かった事で決戦投票に持ち込んだそうです。

結果は僅差で三島賞はのがしてしまいましたがここまで評価がもらえるとは凄いと思っている。
彼も太宰治に憧れて本を集めていって彼の人生を調べていった。

また、実際に住んでいた所も探して住んでいるのでこれは面白い芸人だと思いました。
今回のノミネート作品となった「花火」も本業の漫才やバラエティー番組の合間を縫って書いていった作品なので大変だったと思われています。

とは言え売れてないタレントや芸人などは生活費が少ないのでアルバイトなどで稼いでいる事が多い。
引退しても再就職も出来ない人もいるのです。

この又吉さんは芸人を辞めてもこうした才能がある事で今後の大きな文学賞狙いもあり得るかもと思われている。
漫才コンビで解散しても大丈夫だと思われてる。

この作品は雑誌から発表してその後ですが単行本を発売をした。

ノミネート後の作品がまだ出てないがファンでは次はどんな作品が出るのか今からが注目だと思っています。