越前おろし蕎麦

蕎麦は大好きでいくらでも食べることできる。一度わんこそばに挑戦してみたいな、と考えることもときどきある。でもお蕎麦というのは、冷たい蕎麦ならつけ汁、温かい蕎麦ならたっぷりのかけ汁があってのもので、わんこそばはほとんど蕎麦麺のみをおかわりしているように見えるから、本当の蕎麦好き、蕎麦食いからみたら邪道だろうなあとも思える。
当地福井の名物は、越前おろし蕎麦。
江戸前の色白細麺「ちょいと小腹塞ぎ」にという洒落た蕎麦食いではなくて、越前おろし蕎麦は食事としてそば。蕎麦麺はどっしりとした灰色の太麺。十割で打ったものを茹でて即冷水しめて、浅めの鉢皿に盛る。そこへ大根おろしをたっぷりのせて、その家それぞれの醤油ベースの出汁をかける。出汁の元は昆布、かつお、家・店によって色々だ。
醤油ベースだけど塩辛くなり過ぎないように。出汁をかけたら鰹節をたっぷりかけて、薬味にはネギ。そうして出来上がり。ネギ、鰹節、大根おろし、そばを軽く混ぜていただく。わたしは七味をかけて食べることが多い。蕎麦、大根おろし、魚としての鰹節のこの組み合わせは栄養としても絶妙な組み合わせとして知られている。昔のひとの知恵って素晴らしい。
お行儀悪いけれどヅルヅルわっしわっしとかっ込む感じで蕎麦を「食べる」。天ぷら蕎麦も、ざるやせいろのお蕎麦も美味しいけれど、やっぱり越前おろしそばが大好きだ。