パウダースノーは大雪の証

一昨日から降りだした雪は、ほんのちょっと小休止をとると、また降り続ける。当地は北陸で、年明けに降る雪は、寒の内は気温が低いので雪もさらさらのパウダースノーのときもあるが、だいたい水分を多く含んだ重たい雪になることが多い。
まして、今回は節分と立春を迎えた一週間後。天気予報に並んだ雪だるまたちを見て、「雪が重たくって、雪掻き大変だろうなあ」と思っていたのだが、今朝外に出てみたら、さらさらのふわふわ。
空気が冷たい。うわあこれはまるで冷凍庫の中に居るみたいだぞと、部屋に戻りネットの天気図を見て思わず吹き出した。日本の上空に低気圧が4つ。
寒冷前線が日本列島の傍らに寄り添うように南北にのびて、北陸である当地は西高東低の縞模様の中にどっかり入ってしまっている。これじゃあ雪止まないし、気温も寒いし雪はさらさらのふわふわのはずだ。雪だるまマークは来週中頃まで並んでいる。
来週半ばは「雨水」。春を呼ぶ雨が雪を溶かし、雪解け水が大地を潤す水となる。それまでに雪はあとどれくらい降り続けるのか。